尾野真千子

尾野真千子は奈良県出身の女優です。代表作は映画「萌の朱雀」「クライマーズ・ハイ」、テレビドラマ「カーネーション」などです。神経質な女性から、キャリアウーマン、心に闇を抱える母親の役など幅広い演技で近年注目を集めている女優です。「オノマチ」の愛称で、若い女性から年配の方にまで広く親しまれています。

他の映画はともかくこの映画だけは見た方がいいです

プロフィール

1981年11月4日生まれ。奈良県吉野郡西吉野村に4人姉妹の末っ子として生まれました。中学三年生のとき、地元の中学校で靴箱の掃除をしている際に映画監督・河瀬直美の目に留まり、女優の道を歩み始めます。1997年に河瀬監督の映画「萌の朱雀」で主演デビューを果たします。奈良県立御所高等学校を卒業後、上京して映画を中心に女優として活動を開始します。地元の奈良県で撮影された映画「殯の森」で再び河瀬監督とタッグを組み、主演に抜擢されます。「殯の森」は第60回カンヌ国際映画祭でグランプリを獲得し、日本のみならず世界で注目を浴びる作品となりました。2011年には、オーディションを勝ち抜いて平成23年度下半期のNHK連続テレビ小説「カーネーション」のヒロインに起用されました。この作品ではコシノ三姉妹の母でファッションデザイナーの小篠綾子をモデルとした主人公・小原糸子を好演し、高い評価を得ました。

出演作

映画

テレビドラマ

映画見よう映画

魔性の女優・尾野真千子

最近テレビや映画でよく拝見する尾野真千子さん。画面を通して観た彼女の印象は、気難しくて人見知りな方なのかなと勝手にイメージしていましたが、バラエティーや映画のメイキング映像を見ると、とても溌剌とした明るい女性であることがわかります。本来の彼女の性格とは裏腹な役柄が多いのも、ひとえに彼女の演技力が素晴らしいからだと思います。私が尾野真千子さんという女優を意識し始めたのは、「クライマーズ・ハイ」でした。この中で彼女は、飛行機墜落事故の原因を突き止める女性記者の役を熱演しています。作品の中で、その原因は非常に重要な役割を担っていて、スクープになるかも知れない情報だったのにも関わらず、確信が持てなかった上司が掲載を断念するという結果を辿ります。その時の尾野さんの悔しさを押し殺して、上司に面と向かって抗議する芯の強い女性像がとても印象的でした。また、ドラマ「Mother」での狂気に満ちた母親の役もインパクトがありました。有名子役である芦田愛菜ちゃんの出世作ともいえるこの作品では、自らの娘をゴミ袋に詰めて捨ててしまうという酷い母親の役で、前半はただただ恐ろしい母親という印象でしたが、後半は娘に手を上げてしまったことを心から後悔し苦悩するという難しい役を好演していました。なんとなく、暗い重たい役が多い気がしますが、彼女の活気に満ちた性格を生かして元気な女の子の役なども演じてほしいなと思います。

その男に騙された!!外事警察の秘密。

一世を風靡したあのドラマ「外事警察」が映画になって再登場!あなたもその男に騙されるはず!

映画「外事警察 その男に騙されるな」ネタバレ
登場人物とスタッフ
渡部篤郎
映画「静かな生活」
映画「青春の門」
尾野真千子
映画「萌の朱雀」
河瀬直美
遠藤憲一
余貴美子
石橋凌
ARB

話題の情報

匂いが感じられない空間が良いと思われがちですが、多少なりとも香りは必要となるもの。フレグランス 効果 おもてなしとしてもあり、商業施設には無臭よりも良い香りがあった方が良いのです。