ARB

ARBは1980年代に絶大な人気を誇ったロックバンドです。俳優の石橋凌がボーカルを務めていたことでも知られています。

ARBとは

ARBは1977年の春に結成されました。1978年に後楽園球場で行われたピンク・レディーのコンサートで前座を務めた際、関係者の目にとまりレコード会社が決定しました。同年、シングル「野良犬」でデビューを果たします。当時の所属事務所・シンコーミュージックは、ARBをアイドルグループとして売り出そうとしたため対立し、デビューからわずか一年で独立することを決意します。1980年代に入るとめんたいロックの第二世代として注目を浴びます。戦争や労働者、社会の在り方などを主題においた曲を数多く発表したのが特徴であり、社会派バンドとも呼ばれました。なお、労働に関する曲は「Work Song」と呼ばれ、ARBの代名詞のひとつとなっています。歌詞は最初のアルバムの数曲を除いて、ほぼ全てを石橋が作詞していました。作曲は、石橋と各時期のギタリスト、ベーシストによって行われました。ギタリストによってバンドサウンドの方向性が変化するため、所属したギタリストが変わるたびに「第○期」という表現がもちいられていました。1990年にボーカルの石橋凌が俳優に専念するために活動停止しましたが、1998年に復活を遂げます。しかし、2006年3月に石橋がバンドから脱退し、現在は活動停止状態となっています。バンド名の「ARB」はAlexander Ragtime Bandのイニシャルを取ったもので、これはアメリカの作曲家アーヴィング・バーリンの「Alexander's Ragtime Band」から引用したものです。

他の映画はともかくこの映画だけは見た方がいいです

メンバー

第1期(1977年~1983年)

第2期(1983年~1986年)

第3期(1986年~1990年)

第4期(1998年~2006年)

ディスコグラフィー

シングル

アルバム

映画見よう映画

父の青春

私はARBというバンドについて、ほとんど何も知らなかったのですが、曲を聴いてみるとどこかで聞いたことがある曲だなと思い、いろいろと思い出してみると父親がよく車の中で聞いていたバンドだということに気がつきました。ARBの全盛期に、20代後半から30代を過ごした父にとって、彼らの曲はいつまでも色あせない思い出深い曲たちなのだそうです。そのため、石橋凌が脱退する旨を発表した際には大変ショックを受けていました。私は俳優としての石橋凌しか知らなかったので、あのヤクザみたいなおじさんがロックバンドのボーカルだったとは!と驚きました。ですが、父のCDを借りて聞いてみると確かにカッコいい曲が多く、活動休止状態なのはもったいないなと想います。いつか石橋さんの俳優業がひと段落したら、また再結成してくれるといいなと、父ともども願っています。

その男に騙された!!外事警察の秘密。

一世を風靡したあのドラマ「外事警察」が映画になって再登場!あなたもその男に騙されるはず!

映画「外事警察 その男に騙されるな」ネタバレ
登場人物とスタッフ
渡部篤郎
映画「静かな生活」
映画「青春の門」
尾野真千子
映画「萌の朱雀」
河瀬直美
遠藤憲一
余貴美子
石橋凌
ARB

話題の情報