石橋凌

石橋凌は、映画「外事警察 その男に騙されるな」で、主人公・住本の階級差を越えた理解者として存在感を示す警察庁警備局長の有賀と演じています。俳優として知られていますが、1980年代に熱狂的な支持を得た伝説のロックバンド・ARBのボーカルであり、ミュージシャン・歌手としても活動しています。また、アメリカの映画俳優組合の会員でもあり、グローバルに活躍している人物です。

他の映画はともかくこの映画だけは見た方がいいです
カルチャークラス・アイヘッドセラピーコース=パソコンや携帯メールなどの普及で常に酷使されているみなさんの眼。本コースでは、目、頭、肩、首へのアプローチをわかりやすく解説いたします。当サロン経験者の方のスキルアップにも効果的です。

プロフィール

1956年7月20日生まれ。福岡県久留米市出身。5人兄弟の末っ子として生まれました。兄の影響で、中学の頃からジョン・レノンやビートルズ、ローリング・ストーンズ、ボブ・ディランのファンであり、高校生のころからミュージシャンになることを決意していました。デビュー当時の所属事務所はシンコーミュージックで、事務所側はARBのアイドルグループとして売り出そうとしてたそうで、ピンク・レディーの前座をしたこともあります。1978年10月にシングル「野良犬」でデビューしましたが、そういった方向性の違いから1年足らずでシンコーミュージックから独立しました。しかし20代半ばはレコードの売れ行きやコンサートの動員に伸び悩んでおり、そんな中ドラマーの相原誠とともにスポーツクラブに行ったところ、俳優の松田優作に偶然出会います。このとき自身の悩みを相談したのがきっかけで、後に松田優作が監督を務めた映画「ア・ホーマンス」に出演が決まります。それまで演技経験がほとんどなかった石橋は優作から厳しい指導を受けて演じきり、同作でキネマ旬報新人男優賞を受賞し、その後本格的にスクリーンに進出します。その後、尊敬していた松田優作が、ハリウッド進出のさなかに病死したことを受け、彼の死後の1990年にARBを解散し、俳優業に専念しました。1995年には「クロッシング・ガード」の演技がアメリカで認められるなど、国内外で不動の地位を築きました。1997年にはARBを再結成し、翌年2月にシングル「TOKYO OUTSIDER」で復活を果たします。しかし、2006年3月に石橋が脱退を表明したため、現在は活動停止中となっています。現在は俳優として活躍しており、かつてはヤクザ役が多かったものの、最近では刑事や判事など幅広い役柄をこなす渋い役者として名を馳せています。

受賞歴

ヨコハマ映画祭

報知映画賞

高崎映画祭

主な出演作品

テレビドラマ

映画見よう映画

映画

その男に騙された!!外事警察の秘密。

一世を風靡したあのドラマ「外事警察」が映画になって再登場!あなたもその男に騙されるはず!

映画「外事警察 その男に騙されるな」ネタバレ
登場人物とスタッフ
渡部篤郎
映画「静かな生活」
映画「青春の門」
尾野真千子
映画「萌の朱雀」
河瀬直美
遠藤憲一
余貴美子
石橋凌
ARB

話題の情報